報恩講を知らない人へ。その法要の意味。

スポンサーリンク

こんにちは。

頭の休息処坊の極み代表のノブです。

先日東本願寺の報恩講を訪ねて京都まで行ってまいりました。

報恩講とは…

報恩講とは真宗門徒にとって一年の中でもっとも大切な仏事で、宗祖親鸞聖人の御祥月命日までの一週間に勤められる法要です。宗祖親鸞聖人の教えに遇い、自らの依りどころを教えていただいた御恩に報謝し、教えを聞信して、ともに念仏申す身となっていくことを誓います。

真宗大谷派 東本願寺 ホームページより

親鸞聖人のお亡くなりになったのは1262年11月28日(旧暦)。

そして祥月命日(しょうつきめいにち)とは個人の亡くなった月日と同じ月日のことを指します。

そのため毎年11月28日が親鸞聖人の祥月命日ということです。

東本願寺ではその祥月命日を結願(最終日)として1週間法要が執り行われます。

もともと親鸞聖人滅後、門弟たちが親鸞聖人のご命日にお勤めをしたのが始まりのようです。

しかしさらにたずねると、親鸞聖人ご自身が師匠である法然上人のご命日に人々が集まり、仏法を聴聞する場としておられたところからのようです。

またわざわざ東本願寺までも報恩講に行けないよ、という方々のためにお近くの寺院でもそれぞれ報恩講をおこなっております。

その場合は東本願寺と日程が被らないようにしているんです。

なぜならどちらも行きたいとおもう人が困るからですね。

また同じ真宗でも宗派によって日程が違います。

浄土真宗本願寺派や真宗高田派では、1月9日から16日ごろに勤まります。

なぜなら浄土真宗本願寺派などでは、旧暦の日(11月28日)を新暦に換算して1月16日に営まれるからです。

考えてみると、自分には親がおり、先生がおり、友人がいる。それは当たり前のように思えますが、実は簡単なことではないのです。

その方々との出会いが今の自分の血となり肉となっている。

また親鸞聖人の念仏の教えに出逢えたことも、本当は逢い難いものだったはずなのです。

そこに出逢えたご恩に報謝し、また仏法を聴きつづけていくのです。

あの御講が勤まる空間は他には代えがたいものがあります。

聴聞に集まる人の息づかいも感じることもでき、まさにライブといった感じです。

意外と(?)若い方も熱心にお参りしておられる方も多いですし。笑

一度東本願寺の報恩講に行かれてみるといいと思いますよ。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。