お彼岸

スポンサーリンク

こんにちは!

頭の休息処坊の極み代表のノブです。

本日はまもなくということもあり、「お彼岸」とはどういう意味なのかについて説明したいと思います。

お寺に住んでいると子供のころから「お彼岸」という言葉を聞きますが、春と秋の2回来るものだとは知りませんで、子供心に「またお彼岸!?」なんて思っていたものでした。

お彼岸は春分の日、秋分の日をそれぞれ中日として前後3日間、計7日間のことを指します。

ちょうど暑さや寒さが和らぐこの季節は1年で最も過ごしやすいので、この季節に仏法を聞きましょうというところからお彼岸は設けられたようです。

「彼岸」とは「彼の岸」ということで、川を挟んで向こう側の世界を指します。つまり極楽浄土、悟りの世界のことです。

彼岸に対する言葉として「此岸」があります。「此の岸」つまりこちら側の世界ということで、今現在我々が住んでいるこの娑婆世界を指します。

彼岸が悟りの世界であるのに対して、此岸は煩悩の多い迷いの世界です。

「お彼岸」という過ごしやすい期間に仏法に触れることで、

①阿弥陀如来が建立した極楽浄土という悟りの世界があり、その世界に対し現実は迷いの多い苦しみの世界であること。

②そんな煩悩にまみれている我々を、悟りの世界に導くのは念仏しかないこと。

この2つに気づかされるのが「お彼岸」の本来の意義ではないでしょうか。

ただ「お彼岸」というのは日本のみの行事です。仏教が日本に渡ってきたときに我々日本人古来の風習や自然観、そしてご先祖様を崇拝するという習慣と結びついたことでできた風習ということでしょう。

お盆はどちらかというと亡くなった方を此の世に迎えるといった日であるのに対し、お彼岸はなくなった人を訪ねる日のようです。

弔う」とは本来「訪う」ということです。

彼岸にいらっしゃる亡くなった人を想い、訪ねることで仏法に触れる機会としていただけるとよいかと思います。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。