お寺DE朝スパとは

~仏教とヘッドスパ~

お寺のお坊さんというと「頭を丸めている」というイメージがあると思います。

しかし真宗はそこにこだわりません。ただ心は丸めておきたいものです。

お釈迦様が最後に残したお言葉をご存知ですか?

「諸行は滅するのが理である。怠けずに修行を完成させなさい。」という言葉であったと言われています。

ここでの怠けるとは見たり聞いたりしたことをそのままに受け取ってしまうことをいいます。

自分で考えない、覚醒していない状態です。

普段なんとなく頭がぼーっと集中できないことはありませんか?

人間が頭で考えていることの大半は雑念で、また煩悩に支配されています。

それらを取り払うことは我々凡夫には不可能です。

しかし本当に大事なことは見失わないように、頭は覚醒させておくべきです。

情報が氾濫している現代社会において、安易に流されない自分でいたい。

そのために環境を整える、それがお寺の落ち着く環境で受けるお寺DE朝スパなのです。

施術部位はコースによっても変わりますが主に

頭・首・肩・背骨(頸椎・胸椎)です。

内容は

① 筋肉のリラクゼーションマッサージ

② 筋膜のリリース

③ 関節のモビライゼーション

になります。

これらを独自に組み合わせ、気持ちいいと楽になるの両方からアプローチしています。

①②③の詳細はブログ内で徐々に説明していく予定です。

また癒しというものは五感で感じていただく必要があるとおもっています。

味覚

触覚

聴覚

嗅覚

視覚

触覚は施術で。

そしてその他の感覚は

「お寺」という古くから皆さまに愛されてきた伝統のある場所で感じていただきたい

とおもっています。

たたずむ仏さま、お香の香り、お茶のあじわい、時には静寂に身を任せるのもいいかもしれませんね。


朝スパ料金 ¥3,400 (税込、1か月受け放題) 最初の1か月半額キャンペーン中

       1回のみの施術であれば¥3,200(税込)いただきます。   

まずはお電話・WEBでご予約下さい。

頭の休息処 坊の極み

福岡県久留米市宮ノ陣町大杜1252(浄秀寺内)

TEL:050-7109-3574

Facebookページ ←こちらからネット予約も可能

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする